夏のテーブルコーディネート いつものうつわにガラスをプラス

テーブルウェアスタイリストの Chiaki です。


今回は、自宅にある普通のうつわを使った

夏のテーブルコーディネートについて


 既に持っているうつわを組み合わせるだけでできる、夏のテーブルコーディネーとのポイントをお伝えします。


◆夏に使いたい ブルー&ホワイトのうつわ

沖縄で買ったブルー&ホワイトのやちむんのお皿にグラスを合わせています。


夏のテーブルコーディネートのポイントは、なんと言っても清涼感!

そのイメージにあうカラーは、海や空を連想するブルーと爽快感を表すホワイト。


 食器売り場に行くと分かるのですが、ブルー&ホワイトのうつわはとてもポピュラー。食器棚をチェックすると、1つはあるのではないでしょうか。

 例えば、和食器なら染付や骨董市などで見られる「印判」。洋食器ならアラビアなどの北欧ブランド、イギリスのバーレイや人気のポーランド食器まで様々なものがあります。


 ぜひ、食器棚をチェックして、ブルー&ホワイトのうつわを探してみましょう。もしなければ、ブルーとホワイトの器を組み合わせるだけで、爽やかなテーブルになりますよ。


◆クリアなガラスのうつわをプラス

 どんなうつわとも合わせやすいガラスのうつわ。陶器のうつわとあわせることで、さらに爽やかさが増します。写真では、白いプレートに重ねています。重ねることでおもてなし感も出ますし、食材が涼しげに見えます。


ガラスのうつわといえば、どこの家庭にもあるガラスのコップ。

飲物用に使うことが多いですが、あまり深くないものを選べば「うつわ」になります。小鉢やボウルとして色々なメニューに使えますよ!

 また、グラスを花器やキャンドルホルダーにするなど、雑貨としてテーブルに取り入れるのもおすすめです。上の写真は、セブ島のホテルのテーブルにあったグラス。花と葉っぱだけのシンプルなアレンジがあるだけで、リゾート感が出ます。


◆「小物」で季節感を出す~貝殻やひまわりなどで夏を演出

 色だけでも夏らしさを十分表現できますが、あえてプラスするなら貝殻など海をイメージする小物。

 最近は100円ショップでも購入することができます。テーブルに散りばめたり、ガラスのうつわに入れて飾るなどして、楽しんでみましょう。

家にいながら、テーブルの上だけビーチのような雰囲気に。


 また、ひまわりや金魚、うちわなど夏の風物詩はいろいろあります。季節を手軽に感じることができるように、箸置きやカードなど、かさばらない雑貨を持っておくと便利です。


毎年使えるような、個性的すぎない雑貨を日頃からチェックしておくといいですよ。


★夏のテーブルコーディネートは家にあるものを上手に使いまわそう!

 夏のテーブルコーディネートには特別なものは必要ありません。食器棚にあるいつものうつわに、季節の小物をプラスして気軽にコーディネートを楽しみましょう。

↑ 貝のデザインのカーテンをテーブルクロスに。タッセルをナプキンリングにしています。


こんなものもあります!

夏に使いたいブルー&ホワイトのうつわ


〇白山陶器(はくさんとうき)

波佐見焼の白山陶器はモダンなデザインなものが多く、和洋どんな料理にも合います。

〇アラビア 和食にも合う、使いやすいデザイン。



うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。