【LIMIA投稿】100円グッズでできる!イースターエッグのデコレーション

テーブルウェアスタイリスト&整理収納アドバイザーの Chiaki です。


今回は、

イースターエッグのデコレーションについて

最近少しづつ知られるようになった「イースター」

イースターでは、生命の象徴である「卵」=イースターエッグ を飾る習慣があります。


そこで、100円ショップのアイテムを使って、

イースターエッグをデコレーションする方法を「LIMIA」に投稿しました。


「LIMIA」は、昨年インスタグラムでお声掛けいただき、

写真や記事を投稿するようになりました。

が、最近はすっかりサボっておりまして…今年初めての投稿です。


★投稿した記事はこちら ↓ 

100円ショップや雑貨店では、

既にデコレーションされているイースターエッグが販売されています。


しかし、どれも可愛いらしいものが多く、

自分の好みに合うものがなかなかありません。


そこで、自分好みのデザインのものを作りたいと思い、

以下の4つの方法でデコレーションしてみました。


どれも、100円ショップで手に入るもので、簡単にできる方法ばかり。

お子さんでもできるので、是非ご家族でやってみて下さいね!


1.マスキングテープを貼る

写真手前の、茶色のイースターエッグは、マスキングテープを貼ったもの。


やり方は超簡単!

マスキングテープを2~3センチの長さに手でちぎりながら、ペタペタと貼るだけ。

卵の表面は曲面なので、一気に貼ることはできないのです。


時間がたつとテープの端がはがれてしまうので、仕上げに水性のニスを塗りました。


2.リメイクシートを貼る

写真は、イースターのテーブルコーディネート。

お皿の上に載っているのが、リメイクシートでデコレーションした、イースターエッグ。


やり方は、マスキングテープ同様、シートを貼るだけ!

英字新聞柄のリメークシートを適当なサイズにカットして、

卵の表面に貼り、ニスを塗って仕上げています。


ちなみに、写真奥の花瓶には、リメイクシートを巻き付けてみました。

ガラスの花瓶は、茎が見えて美しくないのでいいアイデアだと思います。


3.デコパージュする

デコパージュは、ペーパーナプキンなどの薄い紙を木やがガラスなどに貼り付けて、

専用の仕上げ液でコーティングするリメイクする方法。

私は、デコパージュ用の薄紙から、リスの絵をカットし、

専用の接着剤で貼り付けました。

自分の好きな柄の紙を好きな場所に貼り付けるだけで、

世界で1つのイースターエッグが簡単にできます!


4.転写シートでデコレーション

やり方は、デコパージュと基本的に同じ。

転写シートから、貼り付けたい部分をカットし、

添付の木の棒で、卵の表面にこすり付けるだけ。

デコレーションした、イースターエッグをケーキスタンドに載せてみました!


いかがでしたか?

市販のイースターエッグをそのまま使うのもいいですが、

ちょっとの手間でオリジナルのイースターエッグができます。


今回紹介した方法で使ったものは、すべて100円ショップでそろいます。

道具が簡単にそろうだけでなく、やり方も簡単!

お子さんもできるので、ご家族でやってみてはいかがでしょう。


新型コロナウィルスの影響で、自宅にいる時間が長くなっています。

おこもりタイムを楽しむために手軽なDIYは、達成感もありおすすめですよ!



うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。