【食器のそろえ方】お皿は何枚あればいい?


テーブルウェアスタイリスト&整理収納アドバイザーの Chiaki です。


今回は、「うつわのそろえ方」について


先日、こんな本を読みました。

この本では、人気通販ショップ「北欧暮らしの道具店」で働くスタッフの日々の暮らし方が掲載されています。

雑貨店スタッフならではの、工夫を凝らしたインテリアや生活スタイルが素敵で眺めているだけで楽しくなる1冊です。


その中で、「食器のそろえ方」についての記述がありました。

バラでそろえる人、家族の人数分そろえる人、などそろえ方は人それぞれ。

そう、

そろえる枚数に決まりはないのです!


うつわ好きということで、たまに聞かれるのが

「食器って何枚あればいいの?」という質問。


その問いには、

「家族分あれば、好きな枚数でいいんじゃない」と答えています。

(なんか冷たい人みたいですね…)


昔は、洋食器はセットで6客ずつ、和食器なら5客ずつそろえるのが基本と言われていました。しかし、家族の人数や家の広さ、来客の有無など人によって事情は様々。


「○○じゃなければいけない」というルールはないので、

自由にそろえていいと思います。


それでも迷うなら、以下の2点を意識してみては?

・家族の人数分
・よく食べるメニューのものを多く持つ

 例)来客が多いなら取り皿、ワインが好きならグラスをセットで買うなど


インテリア同様、食器も年齢や生活の変化に合わせて好みや必要なものが変わります。

まとめて一気にそろえるより、少しずつそろえるのがおすすめです。


今は、紙皿やコップも素敵なものがたくさんあります。

急な来客なら、使い捨てアイテムを活用することもありですよ。


◆私の場合~2枚ずつそろえる訳

 ↑ 写真のうつわも2枚ずつそろえたもの。ティファニーのケーキプレート(右上・左下)に合わせて、他の2枚も買いました。


 私は、色々なうつわを使いたいので、以前はバラで購入していました。

 しかし、他のうつわと合わせにくかったり、使わないものもちらほら。

 (香港で、旅行の勢いで買った茶器とか結局使いませんでした…)

 そのため、最近は2枚ずつ購入することが多いです。


その理由は、

〇2人家族、基本は2枚で足りること。

〇コーディネートしやすいから

 2枚ずつのうつわを数種類組み合わせると、色々なコーディネートが楽しめます。

 バラで組み合わせるよりも統一感が出るので、来客のときも便利ですよ。


 2枚×2種類で4人分のコーディネートができるので、

 わざわざ来客用のうつわを買う必要はありません。


また、使って良かったものは2枚買い足して4枚セットにすることも。

2枚は「お試し買い」するのにちょうどいい量だと思います。


◆自分にあった枚数をそろえてみましょう!

↑ 写真は、お正月やひな祭りなどによく使ううつわ。既にもっているうつわに合わせてバラバラに購入しました。


〇1枚ずつそろえる場合

 色やテイスト(同じブランド、同じ産地など)をそろえて購入すると、

 組み合わせて使った時にまとまります。

 豆皿や取り皿など、アクセント的に使う物はバラで買うのに向いています。


〇2~4枚ずつそろえる

まとまった枚数を買う場合は、

・持っているものと似ているもの、

・シンプルなもの を選びましょう。


うつわは、収納するのもかさばりますし、簡単に処分できません。

既にあるうつわを生かしつつ、新しく買ったうつわも活用できるように

考えて購入してくださいね!


ちなみに、

勝間和代さんの本では、5枚ずつそろえると書いてありました。

ふだんは5枚でOK

来客時は5枚×2種類で10枚で対応するそうです。

うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。