テーブルウェア・フェスティバルの戦利品 フードカバーのすすめ


テーブルウェアスタイリスト&整理収納アドバイザーの Chiaki です。

今回は、

テーブルウェア・フェイスティバル2020の 戦利品について


テーブルウェアの祭典。

東京ドームで開催中のテーブルウェア・フェスティバルに今年も行ってきました!



◆このイベントの見どころは、

・食器ブランド・メーカーの新作を含む商品紹介

・テーブルコーディネート・コンテスト入賞者の作品展示 ですが、


なんといっても人気なのは…

テーブルウェア関連の250ものショップ販売!!


そのため、10日間で約28万人情を集客するイベントになっています。

しかも期間中、ほぼ毎日訪れるツワモノも…

(入場料が2000円かかるのにですよ!)


当然、来場者の大半は、戦利品の紙袋をかかえています。


が、私は「うつわ好き」を公言しているのにかかわらず、


買った物は、

かごやさんの「フードカバー」のみ!

(正式名は「竹千筋細工 釣鐘型」。食物以外にもインテリアにも使えます。)

毎年、こんな感じでテーブルウェアスタイリストらしからぬ買物ぶりです。


なぜこの商品を買ったのかというと、

理由は以下の4つ!

1.扱っているお店が少ないから

  テーブルウェア・フェスティバルでは、その名の通り食器店がほとんど。

  かご製品の専門店自体がレアなので、テーブルに使えそうなものを探してみました。


2.自然素材なのにリースなブルだから

  かご製品は、職人さんの手作りのため結構高価。アケビのバックなどは数万円します。

  でも、今回の商品はサイズが小さいせいか? 600円!

  普段は800円のようですが、イベント価格でお得に買えました。


3.手持ちのうつわと組み合わせて使えるから

  シンプルなデザインなので、どんな色のうつわにもあわせることができます。

  家にある和食器、洋食器、柄物のうつわまで… 何と合わせても使えそうです。


4.重ねて収納できるから

  新しいものを買う際は、どこにしまうか考えることが大切です。

  これは、重ねてしまうことができるのも選んだ理由です。


これだけの理由があるので、無駄なく使える! と思い購入しました。


そこでコーディネートしてみたのがこちら

ラズベリー味のアーモンドボールクッキーを

kalonjiさんの黒のプレートに盛り付けてみました。


かごをかぶせるだけで、「何が入っているのかな?」と

注目してもらえるので、おもてなしにぴったり。


小さなガラスのうつわにお花を生ければ、インテリアにも。

自然素材と陶磁器は相性がいいので

どんなうつわとも合わせやすいです。


生春巻きなどを盛り付けて、エスニック料理に使う

月餅を盛り付けて、中華のテーブルにも使えそう。


こんな風に重ねてしまえるのがいいですね。


ちなみに‥

フードカバーとは…

テーブルの上に出しておきたい料理やフルーツの上にかけておくカバー。

食べ物を衛生的に保つ、料理の温度を保つなどの目的で使われます。ラップを使わなくてもホコリよけができるというメリットもあります。

ガラスのものは「フードドーム」という名称で呼ばれることも。ガラスブランドLSAでは様々な商品があります。


私は、テーブルのアクセントに、ガラスのものを時々使っています。

タッセルを上に付けたり、

クリスマスには、オーナメントを入れて飾ってみたことも。


「なにこれ? 面白い!」と

ちょっとしたことで感じられる演出を日々考えています。


フードカバーのように、

いつものうつわに何かをプラスしてテーブルの雰囲気を変えてみませんか?


フードカバーがなければ、おしゃれなグラスなどでも代用できそう。

ぜひ試してくださいね!


ちなみに、かごやさんのフードカバーは、楽天でも買うことができますよ!

うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。