【うつわ選び】お正月のうつわの選び方~お正月以外に使えるものを選ぶのがポイント

お正月のうつわ選びのポイントは「1年中使えること」!


テーブルウェアスタイリスト&整理収納アドバイザーの Chiaki です。


今回は、

お正月用のうつわ選びについて

うつわ好きの私が今年初めに購入したのは…

やっぱり 

うつわ!


しかもお正月が過ぎているのに、松葉のお皿を購入しました。

ちなみに、ちなみにこの商品は、波佐見焼の「幸楽窯」のもの。


長いお正月休み中に訪れた、東京ソラマチ内の「私の部屋」のセールで見つけました。


このブログでは、

さんざんイベント限定、季節限定のうつわは買わない!

と言っていたにもかかわらず

なぜ買ったのかというと…


松のうつわは、

お正月でなくても使えるから

松は常緑樹。常にある植物なので、1年中使えます。

和食の取り皿として毎日使っても問題ありません。


そのほかに、

箸休めのお漬物やおひたし、

お刺身の醤油皿、

和菓子用に…など、

様々な使い道が思い浮かんだので、夫婦分2枚購入しました。

↑ 色を合わせれば、クリスマスなど洋風のコーディネートにも使えます。


ふだんにも特別な日にも使えるうつわなら、

買ってもいいことにしています。


ちなみに、我が家のお正月用のお皿はこんな感じ ↓

よく見るとわかりますが、

お正月以外にも使えるようなものをそろえるようにしています。

伊万里のお皿は、ケーキを盛り付けたりすることもありますよ。


どうしてもお正月らしいものが欲しいなら

羽子板の箸置きなど、小さなものをアクセントに使うのがオススメです。


また、私は洋服やタオルなどの日用品を買う際、

「1つ買ったら1つ処分する」ルールにしています。


うつわを買う際もそのルールを守るようにしていて、

今回買い物をする前には、

フランフランのディナープレートを2枚処分しています。


食器の収納スペースは、かなり余裕はあるのですが、

詰め込みすぎず、

扉を開けたら、何があるかすぐ分かる状態にしています。


また、この時期はお正月用品やクリスマス用品がセールになります。

来年以降も使える、毎年使えそうなものがあったら、

数や予算などルールを決めて買うようにしましょう!


セールは、本当に使う物(好きな物)をそろえる機会として

上手に活用したいですね。






うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。