【うつわの使いまわし術】紅茶以外にも使える ティーカップの活用法5選


テーブルウェアスタイリスト&整理収納アドバイザーの Chiaki です。


先日、11月1日の「紅茶の日」にちなみ、

我が家のティーカップの収納法を紹介しました。


今回は、ティーカップの活用術について

ティーカップは、

・ギフトでもらう

・コレクションとして集める

・来客用にしか使わない など…

たくさんあるのに、フル活用できていないのでは?


かくいう私もそうで、使用していないものはメルカリ等でかなり処分し、今は厳選した数客を使いまわしています。


★食器の処分についてはコチラ

捨てるなんてもったいない!意外と知らない食器のリサイクル方法5選


断捨離におすすめ! メルカリで売れるためにやったこと3つ

そこで、今回はティーカップの「紅茶を飲む」以外の活用法を5つ紹介します。


1.スープカップ

ティーカップは、深さ・直径共に5センチ以上あるものが多いです。

つまり、計量カップ1杯=200ml以上の容量がある! ため、

スープカップとして十分使えます。

大皿にのせてパンやサラダを盛り付けて、ワンプレートにするのもいいですね。


2.ケーキスタンド

ティーカップとソーサーを重ねると、即席のケーキスタンドになります。ティータイムなどに試してみると面白いですよ。

また、小物のディスプレイにも使えます。

 

 ちなみに、転倒防止のため、ティーカップは丈夫なものを選びましょう。厚みがあり口径の広いデザインのものがおすすめです。


3.収納グッズ

 何度もお伝えしているように、ティーカップは容量があります。

使わないときは、砂糖やティーパックやお菓子などを入れてみましょう。シュガーボウルやクリーマー代わりとして使えます!


来客の際、カップとシュガー類を一緒に準備できるので便利ですよ。

そのほか、収納グッズとして色々活用できそうです。


4.キャンドルホルダー

ティーカップの深さをいかして、キャンドルホルダーにしてみました。

アフタヌーンティーのテーブルコーディネートに使えますし、インテリアとして飾っておくのも素敵です!

カップの色にわせて、キャンドルの色を選ぶなど、色々な楽しみ方がありますよ。


5.フラワーベース(花器)

カップの深さが4,5㎝、茎が短めの花を飾ると素敵です。

カップの柄や色に合わせて、お花を選ぶのもいいですね。

雑貨と一緒に飾ればインテリアにもなりますよ。


ちなみに、ティーカップだけでなく、ソーサーも使えます!

私は、カップが割れてしまったブルーキャリコのソーサーをいまだに使っています。

ソーサーは、カップの受け皿なので、少し深さがあります。

デザートやパン皿、取り皿などに使えて便利ですよ。


いかがでしたか?

ティーカップは、来客がないと出番がなく、飾るだけになっていることも多いのでは?

今回の記事を参考に、食器棚から出して、どんどん使ってみて下さいね!









うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。