システムキッチンの収納のコツ~自分好みにカスタマイズ

こんにちは

整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの Chiaki です。


今回は、「システムキッチンの収納のコツ」


先日、自宅のシステムキッチンを交換しました!

↑ キッチンの食器棚には「ティーカップ」専用スペースがあります。


我が家は築20年以上のマンションで、リフォームしないまま使っていました。

しかも、収納が両開きタイプのため、

かがんで物を取り出さなくてはいけないのが不便!

年齢を重ねたら、つらくなるかも…と思い、

引出しタイプのシステムキッチンにチェンジしました。

ただ、引出しタイプのキッチンは収納量があるものの、

そのままでは使い勝手がいまいち…

早速、今ある収納グッズを活用して、使いやすくしてみました。


リフォームして1週間たっていませんが、スムーズに作業できています!


今回は我が家のキッチンを例に

システムキッチンの収納のコツをお伝えします。


1.引き出しは、使うものに合わせて区切る

深さのたっぷりある引出しは、収納する物に合わせて

空間を区切るのがポイント!


システムキッチンの中央にある深い引出しには、ふだん使いの食器を収納。

盛り付けをするのに一番便利な場所なのです。

  

ちなみに、引出しの深さは、たっぷり30㎝!

お茶碗とお椀、お皿、小鉢というサイズ違いの食器を収納するために

収納グッズを活用して、スペースを区切りました

 

お皿を立てているのは、ダイソーさんの鍋ふた立て。

直径26㎝までのお皿なら収納できます。

小鉢やサラダボウルは、5客を限度に重ねました。


基本のうつわは、ここを開ければ済むので便利です!


2.使いやすさ優先! 既製品は自分流にアレンジ

システムキッチンには、カトラリーケースなど、初めからついているものがあります。 

でも、サイズや使い勝手が必ずしも自分に合う訳ではないですよね…


私はカトラリーケースには、夫婦2人分の最低限のカトラリーと、

計量カップやピーラーなど最低限の調理器具を入れるのみにしました。

その他のカトラリーは、ダイニングの食器棚に収納することに。


必要最低限のものだけを収納することで、

自分がよく使うもの、本当に必要なものがよく分かります。


3.一緒に使う物はまとめて収納

コンロ下の引出しは、フライパンなど鍋類の収納スペースにしています。

鍋類のほか、へらやお玉などの調理道具・油、片栗粉などの調味料も

一緒にしまっています。

そうすることで、探し物知らずで調理がスムーズになります!


ちなみに、フライパンやお鍋は、鍋ふた専用の収納グッズに立てています。

立てることで、取手が手前になるので、 

すぐに取り出すことができます!


4.使う物は使う場所へ~花瓶はどこにしまう?

 私はテーブルコーディネートをするため、様々なタイプの花瓶を持っています。

 お花を買うと、キッチンで茎を切り、

 水を入れるというのがお決まりの行動。


 そのため、キッチンのシンク下の引出しに収納することにしました。

 引出しを開けると、上から見渡せるので選びやすいです!

 また、花瓶は重さがあるので、落下のことを考え一番下の引出しに入れています。

5.実用だけじゃつまらない! 時には見た目にこだわる

私は、基本的には「隠す収納」が好きなのですが、

少しはお気に入りの雑貨を飾りたい! という気持ちもあります。


そのため、キッチンの壁にカトラリー柄のミニ看板?を

立掛けてみました。


自分の好きなものを身近に置くことで、

調理へのモチベーションアップにもなります。


作業の邪魔にならない程度に、自分好みにキッチンを飾るのもおすすめです!


いかがでしたか?

キッチンの収納は、毎日の調理のしやすさを考えるのが大切!

少ないアクションでものが取り出せる

必要なものがすぐに見つかる など、

自分の使い勝手にあった収納に見直してみませんか?


毎日の家事が変わりますよ!










うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。