捨てる前に考えて! 使わなくなった食器の活用法3選

こんにちは!

整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの Chiaki です。


今回は、

食器の活用法について


みなさんの自宅の食器棚に使っていない食器はありませんか?

せっかく気に入って買ったのに

使わないのはもったいないですよね。


今回は、眠っている食器をフル活用するアイデアを紹介します!

柄物の食器は飾るだけでインテリアに!

1.インテリアとして使う~ウォールデコレーションとして活用

先日、あまり使っていなかったウッドプレートを壁に飾りました。

このお皿は、パン皿として時々使っていましたが、

形が特殊なので、なかなか出番がありませんでした。


でも、ただ捨ててしまうのはもったいないと思い、

この形をいかして、壁に飾ることに!

プレートの裏に写真のように両面テープを貼り、

さらにその上に養生テープを貼りました。


養生テープは、はがした時に痕が残りにくいので、

壁を傷つけたくないときに便利です。

  

我が家の壁面は、真っ白の壁で殺風景だったので、

インテリアのアクセントになりました。


2.アクセサリーなどの置き場として

私は、お皿に小物を置いて「見せる収納」として使うこともあります。

洗面所では、レース柄のプレートをソープディッシュ として使っています。

 

また、時計やアクセサリーなど毎日身に付けるものを置くのもおすすめです。

出したままでも散らかって見えないのがいいですね!

何より身支度が楽になります。

3.コースターとして活用

1で紹介した、ウッドプレートにそば猪口を重ねて

コースターとして使ってみました。

私は、そば猪口でお茶やコーヒーを飲みます。

その際、受け皿にもなるコースターがあれば、お砂糖やミルク、

ちょっとしたスイーツをのせることができます!

おもてなしにもいいですね。


また、陶器のお皿にグラスをのせてみました。

グラスは、どんな色や柄のものとも合うので、組み合わせて使うのに便利です。


いかがでしたか? 

食器を買ったものの、棚の奥にしまったままではもったいないですよね。

食器は処分するにも手間がかかります。

捨ててしまう前に、活用できる方法を考えてみませんか?


デザインを生かして飾ったり、

容器として使うなど、自分にあった使いみちを探してみて下さいね!

 

うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。