衣替えは断捨離のチャンス! ゴールデンウィークにクローゼットを整理しよう

こんにちは

整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの Chiaki です


今回は、クローゼットの断捨離&整理について


東京はようやく最近になって、20度くらいの温かさになりました。

さすがに冬物のコートはクリーニングに出せるようになったので、

先日「衣替え」をしました!


そして、衣替えと同時に、断捨離も決行!!

結果45リットルのゴミ袋1袋分の洋服を処分しました。

(ロングのダウンコートを処分したのが大きいのですが…)


◆私が洋服を断捨離する際のポイントは以下の2つ

服を捨てるのは抵抗がありますが、

この2つに当てはまれば「さすがに処分しないと」という気になります。

1.今シーズン着ていないもの

 今シーズン着ていないということは、

流行おくれ、

サイズが合わない、

趣味が合わない など原因があるはず。

着たくない、着ることができないものは、

将来着ることもないので潔く手放します。


2.状態が悪いもの

今回処分したものの理由は全てこれ!

もはやクリーニングでも落ちなくなってしまった、

コートの袖口の汚れやニットの袖のスレ。

状態が良くないと気分も良くないので、部屋着にする気にもなりません。



そして断捨離がすんだらいよいよ収納です!

◆クローゼットの収納方法

〇アイテム別/カラー別に収納

コート、ジャケット、カットソー、スカート、など

アイテム別にハンガーにかけます。

(ニットだけは収納ケースに収納)


そして、さらに色別に並べます。

そうすることで、どの色のものが多いのか一目で分かります。

つまり、買い足すべきものがはっきりするのです!!


私は全体的にネイビーが圧倒的に多いので、

違う色を買うようにしなくては…と改めて思いました。

また、アイテム別に並べると何があるか把握できるだけでなく、

選びやすくなります。

朝の身支度の時短になりますよ!



断捨離したものの処分はリサイクルがおすすめ!

断捨離したものの中で、数回しか着ていない、状態の良いものは

リサイクルに出すのもおすすめ。

今回はすべて処分しましたが、私が過去に利用したリサイクルを紹介します。

ただ捨ててしまうより、罪悪感がないので

服を手放すことに抵抗がある方は利用してみてはいかがでしょう。


ブランディア

買い取り対象のブランド商品なら買い取ってくれます。

ネットによる申し込み手続きも簡単!

段ボールなど送付キットも無料で送ってくれます。

初回だけ、身分証明書のコピーの提出がある以外は手間いらず。

買い取り金額に納得いかなければ、返送してくれます。

メルカリ

公式HP:https://www.mercari.com/jp/help_center/(メルカリガイド)

CMでおなじみのフリマアプリ。

商品撮影など、出品手続きは自分で行う必要がありますが、

慣れてしまえば1品5分程度でできてしまいます。

金額は自分で付けることができるので、

ブランディアなどのリサイクル業者に比べたら高値が付くこともあります。

人気ブランドの商品なら、出品して数分で購入されることもあります。

手っ取り早く処分したいならおすすめですよ。


ブランドのリサイクルを利用

ワールドエコロモキャンペーン

「エコロモ」トハ、アパレルブランド「ワールド」が行う衣料品引取りリサイクル。

全国各地の百貨店やショッピングモールで開催されています。

このリサイクルのメリットは、ワールド製品以外の衣類も引き取ってくれるところ。

さらに持ち込んだ衣類の数に応じて、ワールド店舗で利用できる商品券がもらえます。

使用できる店舗や期間、金額に制限がありますが、

ワールド商品のヘビーユーザーならお得だと思います。

開催情報はこちらを確認しましょう! 

ユニクロのリサイクル活動

ユニクロでは、店舗でユニクロ商品の引き取りをしています。
(ユニクロ・GU商品に限る)

着なくなった服を店舗の回収ボックスに入れるだけなのでとっても簡単! 

回収された衣類は、難民キャンプなど服を必要としている人たちに届けてリユースするそうです。また、リユースされないものは、燃料やリサイクル素材として活用されます。

無駄なく使ってもらえるのはいいですね!

詳細はこちら

今までは、コート類だけ別の部屋に収納していたのですが、

今回の断捨離で、すべての衣類が1か所に収まりました!!

つまり、衣替えの必要がなくなったのです。


気候が変わるゴールデンウィークは、衣替えのベストタイミング。

着ない服を処分して、お気に入りだけのクローゼットにしませんか。

スッキリとしたクローゼットは、服選びを簡単にしてくれます。

この連休を使ってクローゼットをリフレッシュしましょう!


冬物のボアのルームシューズもクローゼットに収納。
ベトナムで購入した刺しゅうの巾着に入れています。

うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。