箸置きの収納は、無印のメイクトレーで解決

こんにちは

テーブルウェアスタイリスト&整理収納アドバイザーの Chiaki です。


今回は我が家の  

箸置き収納について



先日広島旅行に行った際に、水引の箸置きを買いました。

箸置きは、かさばらず&実用的なので、お土産には最適のアイテム!


しかも、その土地ならではの珍しいデザインのものがあり、旅行の記念になります。


そこで、今まで買い集めた箸置きの収納がこちら

無印の「ポリプロピレンメイクトレー」にまとめて収納しています。

このトレーは、深さがわずか2cmで、箸置きにジャストのサイズ。


しかも、重ねることができるので、収納量を増やすことができます!

先ほどの2段のトレーを重ねると、このようになります ↑


私は2段重ねにして、1段目はよく使うもの。

2段目はクリスマス用など使用頻度の低いものをしまっています。


その2段重ねしたトレーは、お箸を収納している引出しに収納。

そうすることで、お箸と箸置きをセットで選ぶことができ、効率的!


また、収納グッズを決めることで、それ以上は持たない

ようになりました。


↓ 食器棚の中段にある引き出しに、箸置きとお箸をまとめて収納


以前は、もっとたくさん箸置きがあったのですが、

使わないものは、まとめてメルカリで販売しました。

写真はメルカリの販売画像。10種類×2個=計20個をまとめて販売しました。

ちなみに、箸置きのような細かいものはまとめ売りをするのがおすすめです。

(バラ売りしたら、送料負担で赤字になってしまいますし…)


ちなみに、今回紹介した「ポリプロピレンメイクトレー」は、

メイクブラシなどのメイク道具のための収納用品。

でも、我が家にとっては、サイズと使いやすさが「箸置き」にぴったりでした。


収納用品を選ぶ際は、商品名にとらわれず、

〇サイズ(収納したいもの・収納する場所)

〇使い勝手の良さ(探しやすい、出し入れしやすいなど)


にあったものを選びましょう!

そうすることで、自分にとって「ちょうどいい」モノが見つかりますよ。


終わりに、

今回紹介した無印の商品はコチラ

うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。