いまある食器を眠らせない! 食器収納のコツ

こんにちは

テーブルウェアスタイリスト&整理収納アドバイザーの Chiaki です

今回は、食器収納のコツ について


私は、テーブルコーディネートをしているため、

2人暮らしにしては、食器をたくさん持っています。


今回は、せっかくそろえた食器をフルに使えるように、

ふだんから工夫していることをお伝えします。


探しやすさ&取り出しやすさがポイント!

1.うつわの指定席を決める~同じものはまとめて収納

 食器が行方不明になるのは、適当な場所に戻してしまうから。

 例えば、4枚セットでそろえた白のディナー皿は、一番上の断の左側 など、

 同じものはまとめて、決まった場所に収納します。

2.カラーでまとめて収納

 テーブルコーディネートは色の組み合わせが大事!

 そのため、ダイニングにある食器棚にはカラー別に収納しています。

 コーディネートするときは、決まった場所から選べばいいのでスムーズです。

 また、食器棚を開けた時もきれいなので、気分がいいですよ。

3.使用頻度で収納場所を決める

 我が家はキッチンと、ダイニング2か所に食器棚があります。

 普段の食事に使うものはキッチンの引出しに、

 コーディネートやおもてなしに使う物はダイニングに収納しています。


 さらに、よく使う物ほど、

 取り出しやすい位置=胸の高さ に収めています。(私の場合ですが…)

 私は背が低いので、食器棚自体低めのものにしています。


 お子さん用の食器も低めの場所に収納すると、

 自分からお手伝いをするなど、思わぬ効果も期待できますよ。


4.収納場所以上に持たない!

 テーブルコーディネートには、食器以外にも

 テーブルクロス、カトラリー、キャンドル、花瓶なども必要です。


 それらをたくさん持てば、コーディネートも楽しめると思うのですが…

 ゆったりとした空間で暮らすことが優先なので、

 今ある収納スペースに収まるだけ持つようにしています。


 家は、快適に過ごす場所であり、倉庫ではありません。

 そのことを肝に銘じて、収納スペースをあえて増やさないようにしています。

↑ 重ねすぎて出しにくい時は、「コの字ラック」を使って空間を仕切っています。


5.時には見せて収納する

 前回のブログでもお伝えしましたが、

 デザインが綺麗なお皿は、プレートスタンドに立てて飾ります。

 飾ることで、見せる収納&インテリアも兼ねているので 一石二鳥ですよ! 

今回お伝えしたことは、いたってシンプル。

片付けの参考に、何か1つ実践してみて下さいね!


うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。