ひな祭りだけじゃない!お正月にも節分にも使える和のアイテム

こんにちは

テーブルウェアスタイリスト&整理収納アドバイザーの Chiaki です。


今回は、私がひな祭りのテーブルコーディネートで使う

(または使っていた)ものを紹介します。


どれも、お正月など他の和の行事にも使えるものなので、

お買い物の参考にしてくださいね!

1.重箱~使いみちは無限大!



この重箱は、表面に、桜・梅・紅葉・

春夏秋冬すべての季節の植物が描かれています。


重箱というと「お正月」のイメージですが、

これなら年間通して使えます!


テーブル中央に置き、おかずを取り分けて使ったり、

1段ずつばらして、お弁当箱のように使うこともできます。


また、和食だけでなく、ケーキやサンドイッチなど

盛り付けてアフタヌーンティにも活用できます!


モダンなデザインのものを選べば、

どんな料理にも合わせやすいのでとっても便利です。

使わないときは、箸置きなど小物を収納してもいいですね。


2.漆のワインカップ~グラス以外にも使えます


写真は山中塗のワインカップ。

食前酒にちょうど良いサイズです。

また、通常のワイングラスに比べると浅いので、

一口サイズの前菜やスイーツなどを盛り付けるのもぴったり!


また、ティーライトキャンドルを入れれば、

キャンドルホルダーとしても使えます。


今回は、ひな祭りのテーブルなので、

手まりをのせて、「ぼんぼり」風にアレンジしみました。

ピンクのワインカップは珍しいですが、

女子会など、意外と使いみちがありますよ。


3.和柄のテーブルランナー~



和柄のテーブルランナーは1つあると便利です。

無地のクロスの上に掛けるだけで、

テーブルの印象がぐっと華やかになります。


私は、食器棚の上に敷いて、季節の雑貨を飾ったりしています。

また、ランナーがない場合は、和紙でもOK!

東急ハンズなどで、サイズを指定して買うことができますよ。


ちなみに、写真のランナーの柄は、市松模様。

季節を問わずに使えるデザインなので、

お正月などおめでたい行事にマルチに使えます!


柄物の商品を買う時は、

季節が限定されないものを選ぶのがおすすめです。


浅草などの観光地にある和雑貨店に行くと、

和柄のテーブルランナーやランチョンマットなど、

様々なアイテムがあるので、チェックしてみましょう。


和のアイテムは、特別な時にしか使わないイメージがありますが、

千代紙などカジュアルに使えるものもあります。

使いまわしのできるアイテムを活用して、

日本の伝統行事や季節を身近に感じてみませんか。


【今回紹介したアイテム】

うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。