お正月アイテムを使った節分のテーブルコーディネート

こんにちは、

テーブルウェアスタイリスト&整理収納アドバイザーの Chiaki です。


今回は、

お正月のアイテムを使った「節分のコーディネート」について

(すでに節分当日の夜なのですが…)


節分といえば、豆を入れる「枡(ます)」が必須アイテムですね。

今年のお正月では、フラワーアレンジに使用していました。


そこで、お正月に使ったアイテムをいかして、コーディネートしたのが上の写真。


重箱、「福」のふた付き小鉢、赤のテーブルクロスは、

お正月で使用したものをそのまま使っています。

↑ お正月のテーブル

節分はお正月同様、めでたい行事なので

縁起物や紅白・ゴールドのアイテムを使うのはOKです。


コーディネートに困ったら、

季節や意味が似ている行事のコーディネートを参考にする

のもありですよ!

その際、フラワーや小物を替えるだけで、テーブルの印象が変わります。


今回は、角皿にヒイラギを飾り、

枡にはカラフルなオーナメントを詰めてセンターピースにしました。


少ないアイテムで様々なパターンのコーディネートを楽しむコツは

オールシーズン使えるアイテムを活用すること!


枡に詰めたオーナメントは、もとはクリスマス用品。

でも、レッド、ゴールド、シルバーのカラーなので、

お正月やバレンタインなどにも使えてしまいます。


ガラスの花瓶に入れたり、

テーブルの上に散らして置いたりしてフル活用しています。


私は普段から、

今あるモノが、他にどんな使い方ができるか、考えるようにしています。


服が少なくてもおしゃれな人は、無地の服を上手に着まわしています。

食器や雑貨をたくさん持たなくても、毎日のテーブルを楽しめますよ!


★ご存知ですか?「恵方呑み」

「恵方呑み」とは、縁起の良い恵方に向かって、

願い事を思い浮かべながら日本酒を呑むこと。

新たな季節の福を呼びこみ、願いを叶えようという意味があります。


ちなみに、今年の恵方は「東北東」。

今回のコーディネートに使った、ピンクのお酒は「いちごのお酒」。

皆さんも豆や恵方巻きをつまみに、恵方呑みをしてみては?




うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。