気になるコードの隠し方~ファイルボックスを使った私の方法

こんにちは

テーブルウェアスタイリスト&整理収納アドバイザーの Chiaki です。


今回は、生活感が出てしまう

配線コードの隠し方について


先日、自宅の電話機をファックス付のものから、

シンプルな子機サイズのものに買い替えました。


何の疑問もなく購入した電話機でしたが、

ここ数年ファックスを使うことはほぼなし!

電話自体、実家に電話する以外はほとんど使いません。


スペースは取るし、

表面と紙の挿入口、後ろのコード部分にホコリが付くのが

とても気になっていました。


しかも、モデムが横に2台あるため、

掃除しづらいことこの上なし!

どうにかしたい…と思うこと数年(悩みすぎ!)


今回、買い替えたことで、棚の上がすっきりしたものの

コードの数は減るわけではありません。


結果、すっきりしたものの  

全然美しくない!!


インテリア好きとしては、どうにかしたいと思い、

「配線&モデム隠し方法」を検索してみました!

すると、同じ悩みの方が多いのか、

色々な方法やアイデアがあるわあるわ…


調べた結果、主な方法としては2つ

①専用の商品を使う

②文具や収納ボックスを活用してDIY


専用の商品を買うのが手っ取り早いのですが、

なかなか合うサイズのものがありません。


というのも、我が家の電話置き場は、作り付けの棚の上に固定されており、

しかも、壁にはインターホンのモニターが付いています。

そのため、モニターを隠さず置けるサイズの商品が、

市販のものでは見つからないのです。


そこで、見た目を損なわず、

ルーター2つとコード類がすべておさまるサイズの

箱やかごを探してみました。


結局、購入したのは

ニトリのファイルボックス!

壁が白のためホワイトのファイルボックスで、

一番幅が広い、ワイドサイズのものを選びました。

完璧ではありませんが、

モデムとコード類はほぼおさまり、

以前から持っていたパネルを立て掛けることで

見た目のごちゃつきを解消?しました!


整理した後の様子はコチラ ↓

ファイルボックス以外にも

無印のラタンボックスやワインの木箱など 

を使うことも考えてみましたが、

箱状のものは、コードを通す箇所がないので

(板を1か所外すか、のこぎりなどで1部カットするなどすればいいのですが)

今回は断念しました。


DIYが得意なら、もっと他の方法もあると思いますが、

時短でコスパのいいコード隠しに

ファイルボックスはおすすめです!

密閉されていないため、熱がこもらないのもメリット。



ちなみに、配線隠しに使ったパネルは、

左側がフライングタイガーコペンハーゲンのキャンバスに

アンティークの布地を貼ったもの。

右は、セリアのウッドパネル


どちらもインテリアとして、使っていたものです。

↑ お正月飾りのディスプレイに使ったこともあります。


インテリアのちょっとした違和感は、

自宅にあるモノや身近なもので、

ある程度解決できます(とりあえずは…)


今あるものを活用して、

自分好みの部屋にできるか考えてみましょう!


うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。