すぐに使える!クリスマスのテーブルコーディネートのコツ

テーブルウェアスタイリストの Chiaki です。


今回は、

「クリスマスのインテリア、テーブルコーディネートのコツ」について

先週末に、フランスに本店があるハイセンスなインテリアショップ

メゾンドゥファミーユ青山店」で開催された、

「クリスマスインテリア&テーブルデコレーション」レッスンに参加しました。


ショップの商品を使った、実践的なレッスンは、

クリスマスのおもてなしのテーブルコーディネートやディスプレイの参考になりました!


そこで、レッスンで学んだ

すぐに実践できるインテリアやテーブルコーディネートのコツ

を撮影した写真と共にご紹介します。


すぐに使える!クリスマスデコレーションのコツ


1.クリスマスカラーを使う

〇ゴールド、シルバーをアクセントにする

このブログでも何度かお伝えしていますが、

クリスマスグッズがなくても、色使いにこだわるだけで、

クリスマスの雰囲気を十分に出すことができます。


写真のコーディネートでは、クリスマスツリーなど、いかにもクリスマス!なものは使っていません。

にもかかわらず、クリスマスらしく見えるのは、レッド、グリーン、ゴールドなど、

クリスマスカラーのアイテムを使っているから


そして、華やかなゴールド、シルバーをアクセントに入れることで

クリスマスにふさわしい、おもてなし感を出すことができます。


〇同系色でまとめて、大人クリスマスに

ゴールド、シルバー、レッド、グリーン、ホワイトなど

クリスマスカラーから使う色を選びましょう。

ちなみに、同系色のグラデーションでまとめると、落ち着いた、シックなテーブルに、

アクセントにレッドやグリーンなどを使うとポップな雰囲気になります。


上の写真は、ゴールド&ホワイトのアイテムで統一しています。

シンプルながら、高級感のあるテーブルになっていますね!


2.小物づかいを工夫する

〇タッセルをナプキンリングに


写真のようにタッセルをナプキンリングとして使うだけで、無地のナプキンが華やかになります。

写真のようなゴールドのタッセルは、季節を問わずに使えるので持っていると便利です。


〇ケーキスタンドに小物を並べる


ケーキスタンドは、本来はスイーツを盛り付けるもの。

しかし、写真のように、キャンドルやリスのオブジェなど、

小物を並べると、センターピースになります。


テーブルの上が華やかになり、会話のきっかけにもなるので、おもてなしにおすすめです。


このように、高さのあるものにディスプレイするのは、インテリアにも使える方法です。

ギフトボックスなどを台にして、雑貨を飾るだけで部屋のアクセントになりますよ。


〇クリスマスリースをキャンドルホルダーに

11月になるとクリスマスリースが、お花屋さんに並びます。

それを壁やドアに飾るのもいいですが、中央にキャンドルを置いて、キャンドルホルダーにするのもおすすめです。


1つだけでなく、複数テーブルに並べると、豪華な雰囲気になります。

ちなみに、LEDキャンドルを使えば、火事の心配がありません。


3.見せ方にこだわる

〇山形にディスプレイ


インテリアでよく言われることなのですが、

雑貨を複数ディスプレイする場合、

三角形を意識して、山形に並べると

まとまりのあるディスプレイになります。


写真のようにツリーとケーキスタンド、高さの異なるものを3つ並べると、

バラバラのモノが、まとまって見えませんか?

ぜひ、持っている雑貨を3つ山形に並べて、試してみましょう!


いかがでしたか?

今回紹介したコツは、特別なものや技術は必要ありません。

どれもすぐにできるので、ぜひやってみて下さいね!

クリスマスのインテリアやおもてなしが、簡単にできますよ。

うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。