収納記事が掲載されました~収納グッズの選び方と収納アイデア


こんにちわ

テーブルウェアスタイリスト&整理収納アドバイザーの Chiaki です


今回は、先日ライフスタイルメディア「Shage(シェアージュ)」に掲載された、

整理収納グッズの選び方と収納のアイデアについて

記事の詳細はこちらをご覧ください ↓


皆さんは、収納グッズを選ぶ時に何をポイントにしていますか?

オフィスなどの仕事場スペースなら、

取り出しやすさやパッと見て分かりやすいなど実用第一で選ぶべきですが、

自宅の収納には、インテリアとの相性など

見た目にもこだわって選ぶこともおすすめですよ


見た目と実用性を両立した、収納グッズを選ぶポイント

は以下の通りです


〇出したままでも、絵になる雑貨を選ぶ    

見た目もよく、実用性のある収納グッズを選ぶ時のポイントは、

出したままでも美しく(=片付いて)見えること!


つまり、理想は 「ショップのウィンドウディスプレイ」


例えば、毎日使う腕時計やアクセサリーなどは、

おしゃれなトレイなどに置くだけで、

整って見え、すぐに手に取ることができ、実用的です

帰宅したら、そのまま戻せばいいので散らかることもありません


ちなみに私は、写真のブック型のボックスに

腕時計とパールのネックレスを入れています

特長のあるボックスに入れることで、探しものもありませんよ


〇部屋のインテリアに合う雑貨を選ぶ

先ほど、「出したままでも美しい雑貨を選ぶこと」とお伝えしましたが、

「出したままでも美しい」とは、どういうことかというと、

部屋のインテリアに合っていることです


ナチュラルな木製の家具で統一された部屋には、

ウッドトレイやかごの雑貨など、

自然素材のものを使うと部屋がまとまるように


インテリアに合ったものを選ぶことで

収納グッズなのに部屋に溶け込み

部屋に統一感が生まれ、スッキリします


ちなみに、我が家のリビングでは、ダークブラウンの家具に合わせて

アンティーク風な雑貨をセレクトすることが多いです


〇  収納以外に使えるものを選びましょう     

 

私は、一見収納グッズには見えないものも「収納グッズ」として活用しています

例えば、「ケーキスタンド」

本来なら、デザートなどを盛り付けておもてなしに使うものですが、

使わないときは、その上に小物を置いて収納に使っています

収納のために、物がムダに増えてしまうのは本末転倒です


紅茶の缶にお砂糖を入れたり、スプーンを立てて収納する等、

「容器として使える物」、「上に物が置けるもの」は立派な収納グッズです

家にあるモノが収納に使えるか、チェックしてみて下さいね!


〇 スペースを取らないものを選ぶ    

収納グッズで空間が埋め尽くされているのは、

片付いていることにはなりません

使わないときはコンパクトになるなど、

なるべくスペースを取らないものを選ぶのも大切です


また、上の写真のハットボックスは、
マトリョーシカのように入れ子になるので、意外と収納スペースを取りません

また、紙袋やエコバックなど

折り畳めるものを収納グッズに使うのもおすすめです

   


いかがでしたか?

収納グッズは、実用で選ぶのが第一ですが、

自分の好きな雑貨を収納に使うことで、

実用性だけでなく、自分好みのインテリアになります

物を増やしたくないけど、

インテリアにこだわりたい、自分の好きなモノに囲まれたい方にはおすすめです

是非試してくださいね !


うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。