お月見のテーブルコーディネート~円とゴールドがポイント

こんにちは

テーブルウェアスタイリストの Chiaki です

今回は、「お月見のテーブルコーディネート」について

昨日は中秋の名月~十五夜でしたね!


このような伝統行事のコーディネートは、

行事に関係する物を、

テーブルのメインにすればいいのでやりやすいのです

今回は、お月見を例にテーブルコーディネートのコツをお伝えします"


    

〇テーブルのテーマに合ったキーワードを探そう

今回のテーブルのテーマは「お月見」なので、     

「お月見と言えば?」で思いつくキーワードを挙げていきます

例えば、お月見は

ススキを飾って

お団子をお供えして

お月様を眺める行事ですね

ススキ団子・月、その他、月に住んでいると言われる「うさぎ」など

テーマに関するキーワードを挙げていきましょう    

 

〇キーワードからテーブルに使うものを決める~「月」を主役にコーディネート   

今回は、シンプルに「月」をメインにコーディネートにすることにしました

月と言えば、円形でカラーはゴールド(またはイエロー)


そのため、ゴールドのリムのお皿を月に見立てて使うことにし、

ナプキンも光沢のあるイエローのものをセレクト

あわせて、お箸、グラスもゴールドのもので揃えました


また、センターピースにはうさぎのオブジェを飾ることにしました

ちなみにこのうさぎはイースターでも使ったものです

うさぎは子だくさんなので「子孫繁栄」や

「飛躍」の象徴としていろいろな場面に使えます


〇使いたいものがないならある物で     

メインに使うものが決まったので、小物を揃えて仕上げていきます

その際、ちょうどいいものがない場合

新しく買うのもいいのですが、

買う前に自宅にあるもので代用できるか考えてみましょう


例えば、お月見団子をお供えする三方(木製の穴が開いた台)は、

通販などで購入することもできますが、

一般の家庭ではめったに使わないものなので、

新しく買ってもタンスの肥やしになる恐れが…


そこで、今回は、紙製のボックスを2段重ねにし、

その上にガラスのお皿を置きお団子を供えることにしました

つまり、高さがあり、

食べ物を載せることができる台でということで選びました


年に数度しか使わないものは、

買う前に何かで代用することを考えてみましょう

かえって、自分らしい個性的なコーディネートが楽しめますよ

(お団子が間に合わずフラワーを置いていますが…)    


    

↑ ナプキンもウサギの耳のように折ってみました


いかがでしたか?

伝統行事のテーブルコーディネートは、難しいイメージがありますが

行事に関するものの色や形に注目するだけで

簡単にコーディネートできますよ

ぜひ試してみてくださいね!    


うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。