食器の整理収納~豆皿から始めてみる

こんにちは

テーブルウェアスタイリスト&整理収納アドバイザーの Chiaki です

今回は、食器の整理収納について


食器棚には、お茶碗、ガラスのコップ、

カレーやパスタに使える深め大皿など

形、サイズの違う様々なものが収納されています。


もっときれいに、使いやすく収納したいけど、全部出して作業するのは大変! という方のために

おススメな整理方法をお伝えします。


それは、

「1か所だけ整理すること」


今回は、「豆皿を収納している引出し」を例に、

食器の整理収納方法をお伝えします。


1.豆皿を全部出し = 持ち物把握する

引出しにある豆皿を全部出し、1か所に並べます。

そうすることで、自分がどんなものを何枚持っていたか明らかになります。

重ねて収納していたため、持っていることを忘れていたものなど、

新たに見つかることがありますよ!

また、写真を撮影しておくと、整理後に比較できて参考になります。


2.豆皿を分類 = 要・不要の判断

全部出しした豆皿を分類します。

以下とおりに分けるとやりやすいです。

◆分類のポイント

①使っているかいないか

②今後も使いたいものか

③使えるものか(破損など欠陥があるか)


◇実際に分類する

毎日のように使っているもの ⇒ 残す

たまにしか使わないけど、気に入っているもの ⇒ 残す

今現在使っていなくて、これからも使う気がしないもの ⇒ 処分

口が欠けているご飯茶碗 ⇒ 処分


3.豆皿を収納 = 使いやすい配置

2で分類して、「残す」と判断したものを収納していきます。

その際、よく使うものを手前の列にするなど、

使いやすさ(出しやすさ&戻しやすさ)を重視するといいですよ。


お皿を重ねて収納する場合、3~5枚くらいが限度。

一番下のお皿を出すのに、無理がないかで判断するといいです。

↑ サイズ別、種類別に重ねて収納しましょう。引出しは何があるか一目で分かるのがいいですね。


「処分」するものは、ごみとして廃棄するか、

フリマアプリで販売、オークションに出品などリサイクルする方法があります。

様々な処分方法があるので自分に合った方法を調べてみましょう!

(廃棄の際は、各自治体の処分ルールを遵守してくださいね)


1か所やることで、整理収納の基本が身につきます。

1か所できると、食器棚だけではなく、キッチンやクローゼットまで

全ての収納場所に応用できます。


持ち物を見直して、使いやすく収納したい場合

まずは1か所(または1アイテム)整理してみてください!


今回の豆皿のように、

かさばらないアイテムから整理してみるのがおすすめです。

というのも、全部出ししてもあまり大変ではなく、スペースもとらないからです。


「カトラリー類を収納する引出し」なども、最初の1歩としてやりやすい収納場所です。


猛暑で引きこもりがちな今の時期。

気になっていた収納をまずは1か所から見直してみませんか?

他の場所も整理したくなりますよ!

↑ カトラリーは種類別に分けて収納すると便利

  家族の人数分を基本に揃えましょう!

うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。