うつわ好きのテーマパーク かっぱ橋道具街のおすすめショップ

こんにちわ

今回は、うつわ好きなら何度も訪れたい、

「かっぱ橋道具街」の食器店について

私が書いた、和食器店の紹介記事は「TABLE LIFE」に掲載されています。

詳細はお読みくださいね!

今回は、私がよく行く和食器以外のショップを紹介します。


1.白い食器といえばここ!「キャニオン」

  「銀のぶどう」で知られるグレープストーンが運営している洋食器店です。

  (同じくかっぱ橋にある和食器店「田窯」もグレープストーンの経営)

  店頭には、様々なサイズや形の白い食器が並び、安いものでは100円(それ以下?)から販売されています。


  しかも、丈夫でおしゃれなデザインのものが多く、大人買いしてしまいそう!

  店内には、高価なブランド食器やカトラリー、グラス類もあり、主な洋食器は大体このショップでそろってしまいます。

出典:http://www.canion.jp/shop/

【キャニオンについて】

2.baise(バイスー)~店内は白1色! おしゃれな雑貨店

 かっぱ橋に複数店舗を展開する、東京直輸入センターが運営する店舗の1つ。

 白色のキッチン雑貨を多く取り扱っています。店名のバイス-は中国語の「白色」からきているそうです。


 店舗は3フロアからなり、1階は白1色!

 和洋食器を中心にポットやホーロー製品などキッチン用品まで、 すべて白の商品で埋め尽くされています。


 白は、和洋中どんなメニューにもあうので、1つは持っていると便利ですね!

 また、2階にはグラスや木製食器、

 3階には、多くはありませんが、ホウロウの看板や椅子、テーブルなどの小家具があります。 飲食店だけでなく、自宅のインテリアにも使えそうなものが見つかります。

(出典:http://www.kwtdi.com/jp_tdi5shop.html)

【バイスーについて】http://www.kwtdi.com/jp_tdi5shop.html


3.近藤商店~道具街唯一の竹製品専門店

 かっぱ橋でも唯一の竹製品専門店で、かごやざる、お箸から酒器、花器まで竹製品が所狭しと並んでいます。


 竹製品は陶磁器とも組み合わせて使うと、和の雰囲気がぐっと増します。

 テーブルコーディネートに取り入れると、季節感が出て素敵です。

 また、使えば使うほど、色が変わり味が出るのも竹の魅力です。

(出典:http://www.kappabashi.or.jp/shops/56.html

【近藤商店について】http://www.kappabashi.or.jp/shops/56.html


かっぱ橋道具街は、厨房・飲食関係の商店が軒を連ねる問屋街。

プロだけでなく、一般人も普通にお買い物ができるのが魅力です。


ただ、厨房機器から食材まで様々なジャンルのな店舗があるため、訪問する店舗を絞り込まないとなかなか大変。

(じっくり見たらへとへとになってしまいます…)


今回の記事を参考に、自分のお目当てのうつわ探しに出かけてみませんか?




うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。