収納に便利~ジッパーバック活用法

こんにちわ

今回は、収納グッズとしてのジッパーバッグについて

先日、TV番組でジッパーバッグの活用法を特集していました。

(参考:NHK https://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/171010/1.html

下味をつけて料理に使うだけでなく、

洗剤と衣類を入れてシェイクすれば旅先で洗濯機代わりになるなど、

様々な活用法が紹介されていました。

そこで、今回はテーブルウェアスタイリストとしての

ジッパーバッグの活用術をお伝えします

ジッパーバックは収納に便利

私は、食料の保存用として使うこともありますが、

収納に使うことが多いです

例えば、上の写真のオーナメントなどかさばる小物収納に使います

なぜなら…

ジッパーバックの長所

〇中身が一目でわかる

 透明なので、何を入れたのかすぐに分かります

 また、期限などペンで記入することもできます

〇丈夫である

  冷凍や電子レンジにも対応できる耐久性があります

〇密閉できる

 食料品の保存に使用できることから密閉性が高く、

 液体や汚れからものを守ることができます

〇コンパクトになる

 入れたものの大きさに折りたたむことができるので、かさばりません

 まさに収納向きですね!


◇ジッパーバックの活用法

 

1.小物の収納に使う

  テーブルコーディネートでは季節などを演出する雑貨やナプキンリングなど、

  サイズや形が様々なアイテムを使います

  これらのグッズは、1年に1回しか出番がないものもあり、

  必要な時に、どこにあるかがすぐに分かるのが大切です!

  そのため、オーナメントや貝殻などはジッパーバックに入れています

  オーナメントなどは、箱に入って販売されていることもありますが、

  取り出しにくく、中身も分かりにくいので

  壊れ物でない限り、ジッパーバックに入れ替えるようにしています

  また、中に入れたもののサイズに折り畳んで、

  収納することができるので、スペースをとりません!

夏のコーディネートに使うブルーの貝殻を収納 ↑

顔が描いてあるジッパーバックは、フライングタイガーコペンハーゲンの商品


2.布製品(ナフキン)の収納 に使用~ 汚れ防止に

       テーブルコーディネートを展示の現場に持参する場合、 

  移動の際に汚れてしまっては取り返しがつきません!

  ジッパーバックは密閉できるので、汚れや雨などを防ぎ、

  また、スーツケースの中で散乱しないのもメリットです


3.ペーパーアイテムの収納に使う ~ 在庫管理が便利  

  テーブルコーディネートに使うペーパーナプキンやカード類などの

  ペーパーアイテムは10枚以上のセットで販売されているため、

  一度に使いきることはあまりありません

  そこで、余ったナプキンやカードをジッパーバックに入れておくと、

  在庫がすぐに分かります

  ジッパーバックは、表面にペンで記入できるので

  数や日付などを書いておけば、在庫がすぐに分かります


 ↓ 造花や貝殻、ヒトデなど、テーブルを演出する小物を収納

  中身がすぐに分かるので探す手間なし!

いかがでしたか?

ジッパーバックは、クリアである、密閉できる、コンパクトになる 

ため優秀な収納グッズになるのです

丈夫で何度でも使えるので、ECOで経済的です

皆さんも、ジッパーバックで収納問題を解決しませんか?

うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。