ご存知ですか?お月見のテーブルコーディネート

こんにちわ

今回は、お月見のテーブルコーディネートについて

先日、九段下にある和食器店「美命(みこと)」さんで開催された

歳時記講座に行ってきました!

テーマは10月11月の歳時記について

この講座では、毎月開催される伝統行事の

成り立ちや意味を学ぶだけでなく、

現代の生活への取り入れ方も学べるので、

テーブルコーディネートの参考になるのです

そこで、講座で学んだお月見についてお伝えします


〇お月見はいつ?

月見でおなじみの十五夜は、旧暦8月15日のこと

旧暦は月の満ち欠けを基準とし、現在の暦(太陽暦)との間に

誤差があるため、毎年違うのです

ちなみに2017年は10月4日です


お月見のお供えの手順

現代は、神棚のない家も多いので、できる範囲で楽しんでみましょう!

 1. 神棚の前に三方を置く

  三方とは‥お正月の鏡餅などを載せる木製のお供え用の台

 2. 懐紙をお盆の大きさに切って載せる

   3. お団子を下から9、4、2個重ねる(計15個)

      お団子は、芋仕立てにした(先が尖っている形)ものをつかう

  *十五夜は別名「芋名月」といいます

 4. すすきは右から出して飾る=月から見て左上位

  *中国では左が格上といわれています

  (日本の伝統行事は中国伝来のものが多い)

  5. すすきの反対側に実りの芋などを並べる


お月見のテーブルコーディネート例

下の写真は、テーブルクロスの専門商社

「テーブルレシピ」(ブルーミング中西)さんの展覧会に

展示されていた 月見のテーブルコーディネートです

右端にススキを飾り、

左には三方の代わりに入子膳を使っています

ゴールドの円形のプレースマットとナプキンリングを使い

月見の雰囲気を演出しています ↓

いかがでしたか?

今回のコーディネートではフランス製のテーブルクロスと洋食器を

使っていましたが、

お月見の宴の雰囲気が十分感じられますね!

皆さんも、自宅にあるものをうまく組み合わせて

お月見を楽しんでみませんか?

【参考】「美命」さんでは、隔月で歳時記講座を開催しています ↓

季節ごとのテーブルコーディネートも素敵です

9月は重陽の節句を祝うランチ会のテーブル

うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。