重陽の節句とは?菊が主役のコーディネート

こんにちわ

今回は、「重陽の節句」のテーブルコーディネートについて

みなさんは、9月9日が何の日がご存知でしょうか?

最近、イベントなどが行われ、少しずつ知られるようになりましたが、

9月9日は「重陽の節句」なのです

重陽の節句とは、

中国では奇数は縁起のよい陽の日とされ、

3月3日、7月7日など奇数が重なる日を幸多い日と考えました

中でも一番大きい陽の数である9が重なる9月9日を「重陽」と呼び、

「菊の節句」として伝わりました

中国では、菊はすぐれた薬効をもつ植物として古くから知られ、

菊のエッセンスをふくんだ水を飲むと健康で長寿になれる・・

という菊の薬効と伝説は、日本の平安貴族にもたらされ

季節の行事へと定着しました


コーディネートのポイントは菊

「菊の節句」なので、

テーブルコーディネートをする場合、

菊のフラワーアレンジや菊を使ったメニューなど、

テーブルに菊を取り入れてみましょう

〇菊酒…菊を浮かべたお酒を飲む習慣があります

〇菊のお浸し…食用菊をメニューに使いましょう

〇菊のお菓子…菊型の和菓子も作られていますが、

       重陽は「栗節句」ともいわれ栗を食べる習慣があります

       虎屋さん等では、栗の和菓子を期間限定で販売しています

虎屋:https://www.toraya-group.co.jp/toraya/products/namagashi/momoyamasei/chouyou/

〇菊のアレンジ…秋になるとさまざまな種類の菊が店頭に並ぶので、

        テーブルに合った菊を選びましょう

        菊の色からテーブルクロスなどを決めてもいいですね

〇菊の食器… 菊が描かれた和食器は結構あるので、チェックしてみては  

 ↑ 写真の菊の角皿は「私の部屋」で購入


いかがでしたか?

テーブルコーディネートを季節ごとに楽しむと、

日本の伝統行事や歳時記に詳しくなりますよ

読みやすい書籍が沢山出ているので、

参考までにご紹介します

日本の伝統を今の暮らしに合わせて楽しんでみてはいかがでしょう?

↑ キャンドルホルダーに菊を活けています

うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。