物が少ない人はどんな食器を使っているの?

こんにちわ

今回は、物をあまり持たないで生活している方々が、

どのような食器を使っているのか?

気になったので調べてみた結果をお伝えします

まずは、シンプルライフ研究家として

著書も出されているマキさんの食器の一部を紹介すると、

〇無印の白いボウル・黒い茶碗

〇ニトリのウッドプレート・ベビー茶碗

〇ティーマの大皿・小皿

〇デュラレックスのガラスコップ

ちなみに、マキさんの 

モノ選びの基準は

★多用途である

 使い道が沢山あるもの 

 を選ぶことで、食器をたくさん持つ必要がありません

 例えば、無印の白のボウルは子供用のどんぶりなのですが、

 底面が広く、子供が倒しにくい安定したデザインなので、

 大人の来客用のお茶碗としても使っているそうです

 また、ティーマの小皿はシンプルなデザインの定番商品

 定番商品こそが、多用途に使えます!

 それ専用のものを買うと、

 使っていない期間が発生します

 それを避けたいのがマキさんの思いだそうです

次に、「ミニマリスト日和」の著書があるおふみさんが

断捨離で残した食器(一部)は、

〇イッタラのグラス 

〇出西窯、小鹿田焼、やちむんなどの食器で

残った食器の共通点は、

1.使いやすい(機能性)

2.良い思い出が詰まっている

3.見た目が好き    だそうです

また、シンプルライフを送っている方のブログなどを

ざっと見たところ

よく使われている食器は

①無印、②ニトリ、③Ittala(イッタラ)

③白山陶器、④100円ショップ  の商品が多い印象でした

つまり、

1.シンプルなデザインで実用的である

2.多用途である

3.買い足しができる

4.どんな料理にも合わせやすい

⇒「定番商品」の特徴

5.愛着がある

 (デザインが好き、思い入れがある)

⇒ こんまりさん流に言うと 「ときめく」ものである

ということになります


いかがでしたか?

物が少ない人たちは、

使いまわし、買い足しができる

シンプルなものを中心に食生活を楽しんでいます

食器選びに迷った時は、

シンプルなものをまず揃えてから、

それに合ったものを買い足すように

していきましょう

食器を増やすのは簡単ですが、

処分に手間がかかるので

愛着が持てて、出番の多い食器を慎重に選びたいですね

【参考記事】

・食器の断捨離~買取サービスを使ってみました

 https://m.amebaownd.com/#/sites/210519/posts/editor/2763004

・食器を処分して分かったこと

 https://m.amebaownd.com/#/sites/210519/posts/editor/2221615

 




 

うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。