根津美術館「やきもの勉強会」に行ってきました

こんにちは

今回は青山の根津美術館で開催中の「やきもの勉強会」について

このイベントでは、日々の生活で使っている「皿」に注目し、

様々な器がどのように使われてきたのかが、

時代や国別に分かりやすく展示されています。

例えば、日本では懐石膳に見られるように

1人前ずつお膳で食べるため、

小皿のデザイン、大きさ、形のバリエーションが豊富です。

例えば、四季の花々が描かれたり、琵琶の形のものがあったり

食卓を豊かに演出しています。


一方、中近東の国々では大きな皿が必要とされていました

それは、直径60㎝位の大皿を囲んで

スプーンで直接食べるという食習慣のためです。

小皿に取り分ける日本とは違いますね。

今回の催しでは、白い板にお皿を載せて

当時の人々が使っていたイメージで展示していました。

(また、黒い板に載せて茶会でのイメージ展示をしているコーナーもありました)


また、展示を見ていて気になった言葉があったので、調べてみました

その気になる言葉とは、「手塩皿」

聞いたことはあるけれど、

意味を知らない方も多いのではないでしょうか


手塩皿とは

今では、豆皿、醤油皿といわれていますが、

元々は、箸の脇に置いていた、手前に置く塩皿のことで、

時には、醤油や、酢を注いで調味料入れとして使っていました

サイズは皿の中でも小さい3寸(約10cm)程度のものです

詳細はコチラ ↓

きんしゃい・有田豆皿紀行 http://kinsyai-arita.jp/mamezara/history/


いかがでしたか?

美術館に行くと、リフレッシュできるだけでなく、

何かしら学ぶことができるのが魅力ですね!

根津美術館は、表参道から徒歩10分の好立地で

庭園が見事なので、外国人観光客が多く来館されていました。

休憩スペースも充実しているので、

涼を感じながら美術鑑賞をしてみてはいかがでしょう


以前、根津美術館に行った記事はこちら 

「美術館で食器を学ぶ~根津美術館 染付誕生400年」

https://tablestyling.amebaownd.com/posts/2025902

うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。