こんなにあります◆豆皿の活用法

こんにちわ

今回はこれまで2回にわたって紹介した、

豆皿のテーブルコーディネート以外の

コーディネート方法と

食器以外の豆皿の活用法をご紹介します

これまでの記事でお伝えしているとおり、

豆皿は、様々なサイズ、深さのものを組み合わせて使うことで

一度に複数の料理を楽しむことができるので

お弁当や

モーニングプレートのコーディネートに便利です

〇豆皿を使ったお弁当のテーブルコーディネート

竹製のお弁当箱に 様々な形状の豆皿を使うと、

少しかしこまった会食のコーディネートになります


〇モーニングのワンプレートテーブルコーディネート

上の写真は、モーニングのパンプレート

おかずとジャムを豆皿にのせ、

余白にパンを盛り付ければ、

カフェ風のワンプレートのコーディネートになります

ここまでは、豆皿を使ったテーブルコーディネート例を

紹介してきましたが、

その他にもこんな使い方ができますよ

他にもある!豆皿の活用法

1.アクセサリートレイとして使う

 よく使う、アクセサリーや時計などのトレイとして

 チェストの上などに置いておくと、

 インテリアになりますし、

 忘れ物防止にもなります

 玄関の下駄箱の上に置いて

 鍵やハンコなどの専用トレイとして使うと

 探し物防止にもなります

2.キャンドルホルダーとして使う

 豆皿の上にキャンドルを置くと

 キャンドルホルダーになります

 陶磁器に蝋が付着しても

 燃えないため、

 キャンドルの受け皿になります

 キャンドルの色に合わせて、豆皿を選ぶといいですよ

 同じような理由でお香を置く、

 「香皿」として使うこともできます

3.コースターとして使う

 豆皿に小さめの湯呑やそばちょこなど、

 茶器になるものを置けば、

 コースターになります

 下の写真では、ガラスの蓋付き茶器の下に

 幾何学模様のお皿を敷いてみました

 ガラスを通して、豆皿の柄が見えて

 テーブルが華やかになります

いかがでしたか?

豆皿は単独で使うだけでなく、

組み合わせて使えば、様々なコーディネートに使えるばかりでなく、

雑貨としても、活用できます

自宅にある豆皿にスポットライトを当てて、

様々な使い方をしてみませんか?


うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。