知っておきたい食器収納のポイント5つ

今回は食器収納のポイントを5つご紹介します

このポイントを知っておくと、押入れやシステムキッチンなど

他の場所の収納する際にも応用できますよ

1.食器棚を3つのゾーンに分ける~使用頻度別収納

  食器棚を上・中・下の 3つのゾーンに分けて、

  使用頻度の高いものを★中段、  

  使用頻度の低いものを上段・下段に収納します

  さらに、土鍋など重量のあるものは下の段へ、

  軽くてめったに使わない紙皿、竹製品などは上段に収納し、

  物を取り出す際に危険がないように配慮します

  ちなみに、我が家のキッチンの吊戸棚の最上段には

  何も収納していません!

  そもそも手が届きませんし、踏み台を使ってまで収納するのは危険です

  ★整理収納講座では、ゴールデンゾーンといい

   腰から目線の高さの一番取り出しやすい位置のことを指します。

2.収納グッズの購入は慎重に~グッズ選びは最後に

  収納の正解は1つではありません

  取り出しやすさやスペースに応じて

  収納の仕方を変えてみましょう

  お皿を収納する場合、重ねて収納する方法と

  ファイルボックスなどに立てて収納する方法があり、

  自分にとってどの収納がベストか考えてみましょう

  大事なことは、収納グッズを先に買わないこと!

  調理をして盛り付けるまでの作業をスムーズにするには、

  どの収納方法がいいのか、まずは仮置きしてみましょう

3.空間を利用して収納力アップ

  収納グッズを買わなくても、

  収納量が増やせる方法は色々あります

  我が家では、棚板の少ない食器棚に

  アクリルのコの字ラックを使って、

  収納量を倍増させています

  棚板を新たに取り付けることが難しい場合におすすめです

  その他、S字フックにマグカップをかける、など

  空間を有効活用すると、収納できる場所は意外とありますよ

分かりづらいですが、食器棚の上段にコの字ラックを使っています

空間が上下に分かれ、上と下に食器が収納できます

無印良品などで取り扱いがあります

ちなみに、コの字ラックはテーブルコーディネートの際に

センターピースを飾ったりするのに使えるので、

1つあると便利です

商品の詳細はコチラ ↓

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4547315919840

4.引き出しを活用する

 引き出しのメリットは、

 何があるか、一目で把握できること

 我が家では、カトラリーや小皿などは引き出しに収納しています

 引き出すだけで、物のありかが一瞬でわかるので、

 物を探すということがありません

 ちなみに、目線より高い位置には不向きです

5.見せる収納も大事

 例えば、食器棚がキッチンとダイニングの2か所にある場合、

 お客様用の食器や コレクションしているティーカップなどを

 ダイニングの食器棚に陳列するなど、

 見せることを意識した収納もいいですね

 インテリアの一部になりますし、

 綺麗に保つモチベーションにもつながります

 私は、ダイニングの食器棚の上をディスプレイの場所として、

 デザインの綺麗なお皿を 季節ごとに飾っています

 いかがでしたか? 

 これらのポイントを意識するだけで、

 収納量の足りなさ、取り出しにくさ、などが改善されます

 新年度をスッキリと片付いた、

 食器棚で迎えてみませんか?

 1か所片付くと、他も片づけたくなるものです

↑ 我が家の食器棚の1部です (背景が暗すぎて分かりづらいですが…)

うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。