食器棚収納のコツは「分類」です

こんにちわ

今回は、食器の分類方法についてお伝えします

前回の記事で、不要な食器の処分方法を紹介したので、

いよいよ、食器棚に収納していきます

でも、収納する前にやることがとっても大事なんです

それは、「食器の分類方法を決める」こと!

この分類の決め方次第で、

自分にとって使いやすい食器棚になるためのポイントになります

食器の分類には、主に以下の方法があります

自分がどんな暮らしをしたいのか、

何を優先するのか?を考えて

自分に合った分類方法を選びましょう


①使用頻度別

 よく使うもの、時々使うもの(来客用の食器など)、

 めったに使わないもの(お正月用の重箱など)と使用頻度別に分類します。

 家事をスムーズに行うのに適した、ポピュラーな分類方法です

②アイテム別

 グラス、漆器などアイテム別に分類すると、何があるか一目でわかります

 同じアイテムをまとめて収納することで、取り出しやすい効果があります

③形状・サイズ別

 丸皿、角皿など形状別、または小皿だけ1か所にまとめることで

 重ねやすく収納がしやすくなります

④カラー別

 色別に分類することで、棚の中がスッキリとし、物が把握しやすくなります

 私は、テーブルコーディネートする際に色で食器を選ぶことが多いので、

 この方法を採用しています

⑤個人別

 家族のメンバー別、お客様用など使用する人ごとに分類します

 来客が多い場合、お客様用を区別しておくことで準備がスムーズになりますし、

 家族用の収納場所を決めておくことで、

 家事の協力が得られやすくなります

いかがでしたか?

自分に合った分類方法を選ぶことで、

食器棚がより使いやすくなりますよ

家事を効率よくしたい場合は、使用頻度別に、

見せる収納にこだわりたい場合は、カラー別、アイテム別の

分類方法を選ぶといいですね

次回は、この分類方法を踏まえて

具体的な収納方法をご紹介します

うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。