【cmorie掲載】カーテンをテーブルクロスに

こんにちわ

今回は、カーテンなど

本来はテーブルクロスではないものを

テーブルクロス代わりに活用する方法をご紹介します

詳細は、ニフティのライフメディアサービス

「comorie(コモリエ)」に掲載されていますので、ご覧ください

(コモリエ掲載記事は、ニフティ不動産へ移行されました)


掲載記事】カーテンがテーブルクロスに!簡単コーディネート術とは?

https://woman-money.nifty.com/cs/catalog/mn-woman_kaji/lst/srt_od/1.htm?text=%83e%81%5B%83u%83%8B%83N%83%8D%83X

テーブルクロスは、

テーブルの印象を変える

テーブルコーディネートには、とても大事なアイテムです

でも、いざ買うとなると、輸入品などは結構高価ですし、

自分の持っている食器に合うクロスの選び方が分からない

という方もいるのではないでしょうか?

そんな方へ、身近な布製品(ファブリック)を使って

テーブルを演出する例をお伝えします

〇カーテンやのれんを使う

 インテリアショップで販売されているカーテンは、

 ダイニングテーブルをカバーするのにちょうどいいサイズです

 気に入った柄があれば、ぜひ使ってみましょう

  下の写真は透け感のある花柄のカーテンをテーブルクロスの上に掛けました ↓

のれん(シングルカーテンという名称で販売されていることもあります)は、

テーブルランナーやブリッジランナーとして使えます

↑ 透け感のあるのれんをクロスの上に使用

  柄がはっきり見えるように、下に濃いブルーのテーブルクロスを敷いています


いかがでしたか、

身の回りにあるファブリックを上手に取り入れて、

テーブルコーディネートに活用してみましょう

布を1枚プラスするだけで、

いつものテーブルの印象が変わりますよ

【関連記事】

「モダンな風呂敷をテーブルクロスに」

https://tablestyling.amebaownd.com/posts/1646225


うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。