食器好きは1度は行くべき!テーブルウェアフェスティバルの歩きかた



こんにちわ

今回は、テーブルコーディネーター&食器好きにはおなじみのイベント

「テーブルウェアフェスティバル」の歩き方について

↑ 私がお世話になっているテーブルウェアスタイリスト連合会・二本柳代表理事の作品

このイベントは、テーブルウェアブランドの展示販売や

それに関連したワークショップ、

事前に公募されたテーブルコーディネートの入賞作品の展示など、

テーブルウェア関連の様々なイベントが

東京ドームで約1週間行われています

毎年3万人は集客するといわれている、人気イベントなので

混雑するドーム内を 効率よく回れるポイントをお伝えします

〇ホームページを事前にチェック

 ホームページには、出店者情報やイベントのスケジュールが

   詳細に掲載されています

 ここは絶対見ておきたい!お店や

 事前申し込みが必要なイベントは

 早めにチェックしておきましょう

〇会場マップを確認する

 当日、会場入口でも配布されますが、

 ホームページにも会場マップが掲載されています

 作品展を見る → 食器ブランドの展示を見る → ショップめぐり

 → カフェで休憩 → お買い物

 など、当日の流れを大まかに決めておくと、楽ですよ

 さあ、それではテーブルウェアフェスティバルを見てみましょう!

イベントの楽しみ方

1. テーブルコーディネート作品をチェック

  テーブルコーディネートの仕事をしていない方でも、

  器とテーブルクロスの組み合わせや 

  カラーコーディネートなどが参考になります

  作品は、壁や床のインテリアも合わせて展示されているので、

  インテリアの参考にもなりますよ


  ちなみに、下の作品は白の大皿やグリーンのランチョンマットなど、

  どこでも手に入りそうなアイテムをうまく組み合わせて

  グリーンとホワイトでスッキリとまとまっています 

〇イベントや季節ごとのコーディネートが参考になる 

 様々なコーディネートを見ることで、

 おもてなしのヒントが得られます

 下の写真は、端午の節句をテーマにしています

 リビングでこどもの日を祝う、

 今の時代に合った

 伝統行事のお祝いのコーディネートが参考になりますね

2. 食器ブランド/伝統工芸品 の展示をチェック

  特に入口付近にある、広い展示コーナーは

  人気のあるブランドの展示になっているので

  今まさに流行しているもの、新作を見ることができます

  食関連の仕事をしている方はもちろん、

  食器選びの参考にチェックしておきましょう

  ちなみに、2017年は伊万里焼や有田焼、輪島塗、

  北欧食器などの展示が行われていました 

↑ こちらの写真は、伊万里焼と漆器のコラボ展示

 漆器とガラス、アクリルの組み合わせが素敵です

3. ショップめぐりはターゲットを絞って

  テーブルウェアフェスティバルでは、

  様々なジャンルの食器類のショップが所狭しと並んでいます

  場の雰囲気で不要なものを買わないように、

  また、会場が広く戻るのが大変なため

  ご自分のライフスタイルに合ったショップに行くことをおすすめします

  ・自宅用なのか、仕事用なのか

  ・よく作る料理のジャンルは?

  ・おもてなし用?家族用

  ・料理の先生なら、シンプルで丈夫なもの、買い足しが出来るもの

  ・ディスプレイの仕事に使うなら、リム(縁)のデザインが凝っていたり、

   写真映えがするもの など…

 いかがでしたか?

 今年のテーブルウェアフェスティバルは2月6日までですが、 

 毎年同じ時期に行われているので、

 食器好きの方は、是非1度行かれることをおすすめします

 

 

 

  

うつわ好きの暮らしかた

毎朝服を選ぶように、季節や食事にあわせてうつわを選んでみませんか。 整理収納アドバイザー&テーブルウェアスタイリストの視点からモノを増やさず暮らしを楽しむコツをお伝えしていきます。 少しの工夫で楽しめる暮らしのアイデアがお役にたちますように。